悩み

私の悩み

大人の人見知りは甘えじゃない!でも我が子を巻き込まないで

今はお子さんが小さいので分からないと思いますが、小学校くらいになると「ママは嫌々ママ友とつきあっている」という事が子どもにも分かるようになります。そんな姿を子どもに見せるのは、それこそ教育上良くありません。子どもの世界は子どものものです。
子育ての悩み

【子育てに自信をなくさないで】~子どもはわかってくれているよ!~

子どもが無事成長するまでは、死ねない。だから、無理しない。頑張りすぎない。だって、めちゃくちゃ疲れるんだもん。仕事と子どもの世話に明け暮れる毎日は。
子育ての悩み

【子供にとっての幸せ】父親と母親どちらと暮らす?

夫婦の間で話がついているのであれば、外野がとやかく言うものでもないとは思いますが、双方の両親が「夫側が引き取る」事をよしとしているのには、経済的な事以外にも、もしかしたら理由があるのかも知れません。
私の悩み

【鼻うがいでスッキリしない?】正しい方法は簡単!

今回は「正しい鼻うがいの方法」について書いてみました。私も「鼻はオブジェなのか!!」と叫びたくなるほどの鼻づまりでした。だけど鼻うがいの勇気は出ない……お医者様の指導の下、おっかなびっくり鼻うがいをしたら、あまりのスッキリさに病みつきになりました。ぜひチャレンジしてみて下さい!
私の悩み

40代独身女性が「生きがい」を見つける為のポイントは1つだけ!

「あー毎日つまんない」と言っているだけでは、つまらない明日が待っているだけです。楽しむには「楽しむ努力」が必要です。何事も積極的に取り組まなければ、何も回収する事は出来ません。
子育ての悩み

運動が苦手な子供を「運動好き」にさせる必要は特になし!

小中学校で毎年開かれていた「持久走大会」には、低学年の頃はそこまで知恵がなく、仕方なく出場し、ビリで終わっていましたが、高学年になると「仮病」という知恵がつき、熱を出したり、包帯だけ巻いたり、さまざまに画策をしてマラソン大会を回避してきました(笑)
子育ての悩み

チック卒業生~息子のチック症経験談~

お悩みさんの娘さんは「咳払い」タイプのチック症なのですね。チック症はきっかけもさまざま、症状が出ている期間もさまざまです。チック症がどのような症状なのかを知って、ケアを考えてみるのがよいでしょう。
私の悩み

【鼻中隔湾曲症 日帰り手術】ひどい鼻づまりが解消!夢の「鼻呼吸」!

鼻の感覚が戻ると、そこには今までとは全く違う「匂いのある世界」が広がっていました。比喩でも何でもなく、本当に「人生が変わった」思いでした。食べ物の味も今までより何倍も強く感じられ、睡眠時もいびきが改善されました。何より鼻をかむ頻度が劇的に減りました。