【志摩スペイン村 なぜ潰れない?】魅力的なテーマパークだから!

スポンサーリンク

東京ディズニーリゾートのように「地名+テーマパーク名」という施設が、日本にはいくつかあります。

「常磐ハワイアンセンター(=現スパリゾートハワイアンズ)」「東京ドイツ村」「長崎オランダ村(=現ハウステンボス)」などがありますが、今回紹介する「志摩スペイン村」もその1つです。

日本にいながら、外国にふれたような気分になれるというお得な施設が日本にはあるんですね。

「志摩スペイン村」については「なぜ潰れないのか」という言葉がセットで検索ワードに登場するほどなのですが、詳しく知るほどに大変魅力的なテーマパークなのだということがわかります。

スポンサーリンク

知っているようで知らない?志摩スペイン村大解剖

ですが、魅力的なわりに「どこにあって何が出来る場所なのか」は知らない人が多いのではないでしょうか。実は私もそうでした(笑)

名前から遊園地っぽいイメージがありますがどうなのでしょうか?

今回はそんな名前だけが一人歩きしている「志摩スペイン村」にスポットを当てて記事を書こうと思います!

志摩スペイン村へのアクセス

〒517-0212 三重県志摩市磯部町坂崎 字下山952-4

車で行く場合は伊勢自動車道「伊勢IC」から第2伊勢道路に入り、鳥羽南・白木ICを降りて国道167号を約20分走ると到着します。

新幹線を利用すると東京からは約4時間かかるということで、早朝に出発すれば開園にぎりぎり間に合うかな?というところでしょうか。

三重県自体が「鈴鹿サーキット」以外にあまりなじみがない(私だけ?)ため、東京から遠いのか近いのかも今ひとつわかりませんでしたが、しっかり4時間かかるようです。

志摩スペイン村とは

総合保養地域整備法(通称・リゾート法)の施行に合わせて1988年に策定された「三重サンベルトゾーン」構想に基づき、近畿日本鉄道(近鉄)が志摩市の協力を得て開発された施設です。

パルケエスパーニャというテーマパークを中心として、志摩スペイン村天然温泉「ひまわりの湯」の3つの施設で構成されています。

難しい説明になってしまいましたが簡潔に言うと1988年に三重県志摩市にできた複合テーマパークです。

温泉とホテルがあるなんて知らなかったですよね。

しかも開発当初はリゾートマンションやコテージなども開発する、いわゆる「レジデンシャルゾーン」の開発計画もあったそうですが、現在は凍結されているそうです。

再び開発されたらすごい規模の施設になりそうですよね!

営業時間など

次は営業時間などの、実際志摩スペイン村に行くときに気になる情報です。

志摩スペイン村の営業時間は2022年6月6日現在で午前9時30分~午後17時00分となっています。

またこのご時世ですのでしっかりとしたコロナ感染症対策が取られています。

入園時の検温はもちろんのこと、37.5度以上の人や検温に協力しない人は入園できないなど徹底されています。

これは小さいお子さんと一緒の方には特に安心して遊びに行けるのではないでしょうか。

パーク内のいろいろ

志摩スペイン村に入園してからのことを紹介したいと思います。

先ほども紹介したようにこの施設は大きく3つに分かれています。

パルケエスパーニャ

まずはメインのテーマパークであるパルケエスパーニャです。ここには「スチームコースター・アイアンブル」という室内ジェットコースターがあります。

室内なので雨の日でも乗ることができます。絶叫系が好きな人はぜひ乗ってみて下さい!

他には小さいお子さんと一緒に楽しめる乗り物がたくさんあります。

消防士になって火事を消すものや、動物たちとホッピングする乗り物などがあり、一日中楽しめること間違いなしです!

またスペインの歴史ある建物をモチーフにしたお城などもあり異国情緒が感じられます。

またショーも充実していて、ストリートで行われるスペインのお祭りをモチーフにしたショーや、本場スペイン人のダンサーが踊るフラメンコは圧巻の迫力で大人気です!

夏には花火が上がったりと、季節ごとにもお客を飽きさせない魅力があります。

食事も子どもが喜ぶキャラクターカフェや、本格的な洋食・和食が楽しめるお店が多数あり、お腹もいっぱいになるでしょう!

ホテル 志摩スペイン村

次にホテル 志摩スペイン村の紹介です。

一日パークで遊んだ後は南スペインの情緒が溢れるリゾートホテルに宿泊することが出来ます。

最近多方面で話題のキャラクタールームも計20室とかなりの部屋数が用意されています。

これは子供が大喜びしそうですね(大人は少し疲れてしまうかもですが…笑)

また宿泊プランも色々あり、お食事重視の宿泊プランなどというのもあって迷ってしまいそうです。

地元伊勢志摩の伊勢海老や黒アワビを惜しみなく使った絶品料理の数々でお腹いっぱいになりそうです。

温泉施設「ひまわりの湯」

次は温泉施設「ひまわりの湯」です。豊かな緑に囲まれて伊雑ノ浦を一望できる露天風呂はぜひ一度つかってみたいですよね。

先ほど紹介した「ホテル志摩スペイン村」に宿泊している人は何度でも無料で入浴できて、パークのみの人も優待料金で利用入浴できるのはとても嬉しいサービスです。

またこのひまわり温泉だけを目的に日帰りで来る場合も利用可能なので、日ごろの疲れを癒したい人にはとてもいいと思います!

ネット上では「なぜ潰れない」との声もあるが…

ネットで志摩スペイン村と検索すると「なぜ潰れない」と出てきます。

好きな人からすると少し悲しくなる検索ワードですよね。

そんな志摩スペイン村ですが潰れない最大の理由はスポンサーである「近鉄」の存在が大きいと言われています。

正確には近鉄レジャーサービス㈱が運営をしています。

大企業ということもあり、常にメンテナンスがしっかりとされていて、施設も充実しているので、これだけでも潰れない理由として完璧だと思います。

他には有名レジャー施設であるディズニーやUSJといった場所が軒並み値上がりしている中、志摩スペイン村は他よりも安く混雑もそこそこという利便性の良さが潰れない理由なのかもしれません。

また伊勢神宮まで15分で行くことが出来るので、伊勢神宮のついでに遊びに寄る人が多いのかもしれませんね。

今、志摩スペイン村は「チュロス」がアツい!!

志摩スペイン村を「チュロス」で検索する人が多いようです。

実際志摩スペイン村ではチュロスに力を入れており、このチュロス食べたさに足を運ぶ人も。

定番の「シナモン」味と「チョコレート」味の2種類を販売しています。

奇をてらわない手堅いところは、志摩スペイン村らしいと言えるでしょう。

このチュロスがとにかく「外がサクサク!サクサクというよりサックサク!そして中はモッチモチ」

という、チュロス好きにはたまらない逸品。一度食べる価値あり!ですね~

スポンサーリンク

まとめ:志摩スペイン村は魅力あるテーマパークに間違いなし!

いかがでしたか?私の調べた感じでは子供を連れて遊びに行くのにとても適したレジャー施設だと思いました。

食事も温泉もあり、お土産何かも充実しているのでぜひ一度行ってみたいという気持ちになりました。

コロナがもう少し落ち着いてきたら、お子さんやお友だちとぜひ行ってみて下さい!!!

にほんブログ村 車ブログ カーライフへ
にほんブログ村


ドライブ日記ランキング